top of page
  • 執筆者の写真整体 ここから

肩の支点はどこ??



皆さんは肩を動かす時の支点はどこだと思いますが?


もちろん肩関節でしょ!?

肩甲骨ほしぐをすると肩が上がりやすくなるから肩甲骨?


いいえ、正解は鎖骨と胸骨を繋ぐ「胸鎖関節」です。


鎖骨の動きは肩関節の動きに重要な役割を担っております

つまり鎖骨の動きが悪いことで肩の痛みや動かしずらいなどのトラブルを引き起こしてしまいます。


ということで今回は鎖骨についてお話ししたいと思います



鎖骨の構造

鎖骨は、真上から見るとS字型をした骨で、太さも均一ではなく中央部から外側にかけて丸から三角形へと変化します。




内側の端は胸骨と【胸鎖関節】を形成し、胸骨は肋骨を介して背骨へつながります。

外側の端は肩甲骨と【肩鎖関節】を形成し腕を身体につなぎとめる役目をしています。

上腕骨は、体幹とは直接つながっておらず、鎖骨が唯一体幹とつながっています。


つまり、鎖骨は、腕、肩、胸、背骨をつなぎ合わせ、その動きを連結し、助けているという重要な役割があります。私たちが腕を自由に動かすことができるのは鎖骨のおかげです。







鎖骨の可動域は?

胸鎖関節を運動軸として、

前額面での基本肢位からの上方運動は約45°、下方運動で約10°の可動域があるとされています

また、水平面での前方運動と後方運動は、それぞれの方向へ少なくとも15~30°の可動域があります。

肩関節の運動に伴う鎖骨の長軸回旋は、約40~50°の可動域があります。



鎖骨の運動はこの3方向の軸に対する複合運動によって成立します。


また鎖骨は胸鎖関節を介して、肩甲骨と同調しながら動きます。


そのため、鎖骨の動きが低下してしまうと、結果的に肩甲骨の動きの低下につながり、腕の動きにも影響が出てきます。

逆に、肩甲骨の動きが悪い場合には鎖骨の動きにも影響を及ぼします。

それぞれの動きが噛み合っていないと、肩はスムーズに動いてくれません。


肩を動かすときにゴリゴリと音が鳴ったりしていませんか?

そんなときは鎖骨の動きも一緒に確認してみると良いかもしれません。


ここから整体 中村公園院


■住所

名古屋市中村区鳥居西通1-22 グレイスコートA203

🚃地下鉄中村公園から徒歩5分


■営業時間

9時~17時

その他の時間については応相談🌟


■電話番号

050-3635-4941


🌟女性限定整体🌟

男性の治療はご紹介の方のみとさせていただきます。ご了承ください🙇‍♀

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

疲れやすいが当たり前になっているあなたへ

無意識にガチガチに力が入っている人 『力抜いてねー』と伝えてみても 『』え?今力入ってますか???』と 体に強く力が入っていることに全然気がついていない人がとっても多いです。 そんな状態の方はよくお話しを聞いていると とっても疲れやすい印象。 そりゃそうよ。無意識に 勝手に体のエネルギーをバンバン使っているんだもん。 何もしてないのに、消費してるよ。 そして勝手に消費されていることに気づかず、さら

現状維持ではなくレベルアップを目指す

. 整体っていうとどうしても 『現実維持』とか『日々のリセット』などといった イメージが付きがちですが 症状が良くなった後、【未来】のことも考えませんか? 先日、120歳まで健康に生きるのが私の目標です😄! っていつも宣言してくださる70代後半の患者さんを施術をしながら 施術をする側のワタシと受ける側の患者様の 『調子がいい!』っていう意見が一致🙌 ここでの施術だけじゃなく セルフケアを続けて

勉強会【五木田塾】

. 2023.1.28 #yourbestsolutionmentorshipprogram(通称:五木田塾)に参加してきました〜😊 テーマ 【妊婦さんと女性を施術する治療家の対談】✖️【骨盤〜頭頂部に対する動作アプローチ〜丁寧に動く〜】 ✳︎妊婦さんの声と治療家の声✳︎ 命を授かるってすごい素敵なこと。 けどその命を冬季十日、大切に大切に育てるからこそ、不安なことがたくさん。 いつもと違うこの

bottom of page