top of page
  • 執筆者の写真整体 ここから

自分の骨で立ち軸を作ると体は楽になる

更新日:6 日前



人には約200個の骨がある


その骨が絶妙なバランスを保つことで

人は体を支えて立つことができる


特に『力』を必要としない


だけどそのバランスがわからないから


お尻に力をいれたり

お腹に力を入れたり

胸を張ったり


体を力で固定しようとする


セッションの中でイメージが湧きやすいよつに


いつも例えるのは

積み上げた石


石って互いに重心を保てると積み重ねることができる


バランスを崩しちゃうと

『おっとっと!』って手で支えようとする


その手が固定するイメージに似てる


だから人も同じく

バランスが崩れると力で体を固定させようとする



体は固定するものではなく


無駄な力がなく、保ち軸を作る


軸ができると次の動きがしやすくなる

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肩こりと姿勢の関係

当院に通われる方の多くが悩まれている「肩こり」 今回は肩こりのお話をしたいと思います 肩こりとは 首のすじや付け根、肩から背中にかけて「張った」「凝った」「痛い」などの不調を感じる症状のことをいいます。症状が悪化すると頭痛や吐き気を伴うこともあります 肩こりの要因 肩こりの要因は大きく分けて5つに分けられます ①姿勢②血圧③眼精疲労④運動不足⑤ストレス 今回はそのなかのひとつ「姿勢」についてお話し

勉強会に参加してきました!

2024.5.12 #yourbestsolutionmentorshipprogram(通称:五木田塾)に参加してきました〜😊 テーマ 心と体を調える 呼吸2.0 〜解剖学、生理学、心理学、宗教的、文化的観点など包括的に理解する〜 今までの参加の中で『呼吸』についてたくさん学ばせて頂いてましたが 今回もさらに理解を深めることができる内容でした 呼吸の座学をはじめ みんなで風船を膨らませて肋骨の

Commentaires


bottom of page