top of page
  • 執筆者の写真整体 ここから

眼精疲労とは



日常生活の中で目の疲れを感じ、眼精疲労かも??と思う方も多いのではないのでしょうか?

眼精疲労という言葉は聞いたことがあっても実際にどのような状態を指すのか、わからない方もいると思います。


そこでまず、本日は眼精疲労についてお話ししたいと思います


眼精疲労とは

眼精疲労とは、目を使う作業を続けることを原因として、目の疲れや痛みなどの症状に加えて、頭痛や肩こりなどの全身症状も呈するようになる状態を指します。


寝たり休んだりすることで治る「疲れ目」とは異なり、眼精疲労は休んでもなかなか改善されません。長く続く眼精疲労によりつらい症状がしつこく続き、放っておくと目だけでなく、全身症状が発症し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態悪化する場合もあり日常生活に支障をきたします。

眼精疲労の症状

・目の充血、かすみ

・長時間パソコンを見るのが辛い

・視界が狭くなっている

・目がごろごろする

・集中力の低下を感じる

・不眠

・肩こりや頭痛、吐き気


眼精疲労が引き起こすのは目の症状だけに限りません。

目の疲れから頭痛や吐き気、肩こりなどのさまざまな不調の原因にもなるのです。

眼精疲労の原因

・パソコンやテレビ、携帯を長時間見るなど、目の使い過ぎ

・コンタクトや眼鏡の度数が合っていない

・緑内障や白内障など目の病気や風邪、

・精神的なストレス

・不規則な生活、睡眠不足


パソコンやテレビ、スマホの見過ぎなど、目を酷使することだけが眼精疲労の原因と思いがちですが、風邪などの病気やストレスも眼精疲労の主な原因となります。


現代は、仕事だけではなく日常生活の中でPC、携帯は手放せないものになっています。

目の疲れを感じてもなおそれらの画面を見続けてしまうこともあるとも思います

そういったときは、休息を取り、目だけではなく、全身にまで影響を及ぼす眼精疲労にならないように対策をしていきたいですね。


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page