top of page
  • 執筆者の写真整体 ここから

体の声を聞くことがセルフケアの一つ。

更新日:5月8日


こういう仕事をしていると

『先生は体が辛くなったらどうするの?誰かに施術してもらうの?』っていう質問を多く頂きます。


皆さんの印象的にはめっちゃ力を使う仕事だと思っているのか

疲れやすいと思われているらしい🤭



私、実は『触られること』がめっちゃ苦手なんです😅

施術として触られるのが鳥肌立つほど苦手…笑


だからなのかできたら施術を受けなくても良いようにっていうのも理由の一つだけど


『辛くならないように』自分の体を声を聞いて対応するようにしている


例えば


・疲れが取れない → お風呂にしっかり浸かってリラックスする

・寝不足で体がしんどい → 早く寝る

・腰が痛い → ボールでほぐす、ストレッチする


などと言った


『今』の私の体がどんな状態なのか、体の声を聞いて

どんなことを求めているのか、何をしたら体が楽になるのか


体に出ている「症状」いわゆる『反応』にちゃんと対応する



そうすることで体に『無理』を蓄積させないようにする


『無理』をして蓄積すると、『無理』することが当たり前になってしまう体になる


体が辛くなる方の特徴って、まさにそれで

体の反応を無視して、さらに悪化しさせてしまう行動ている。


その結果無理しているのに、それが『無理してない』体として当たり前になってしまう


だからそうなるんじゃなくて、しっかり体の声を聞いて、


今、体がこんな状況になっているよー!気をつけてー!っていう声を聞いて

どうしたら楽になるのかを行動で起こしてあげるのも、


体が辛くならないようにするセルフケアの一つだと思うな。


治療を受けることも大切だけど、

いずれ自分の体の異常に早くに気がついて、自分で治せる体にすることが1番素敵なことだと思う。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

肩こりと姿勢の関係

当院に通われる方の多くが悩まれている「肩こり」 今回は肩こりのお話をしたいと思います 肩こりとは 首のすじや付け根、肩から背中にかけて「張った」「凝った」「痛い」などの不調を感じる症状のことをいいます。症状が悪化すると頭痛や吐き気を伴うこともあります 肩こりの要因 肩こりの要因は大きく分けて5つに分けられます ①姿勢②血圧③眼精疲労④運動不足⑤ストレス 今回はそのなかのひとつ「姿勢」についてお話し

勉強会に参加してきました!

2024.5.12 #yourbestsolutionmentorshipprogram(通称:五木田塾)に参加してきました〜😊 テーマ 心と体を調える 呼吸2.0 〜解剖学、生理学、心理学、宗教的、文化的観点など包括的に理解する〜 今までの参加の中で『呼吸』についてたくさん学ばせて頂いてましたが 今回もさらに理解を深めることができる内容でした 呼吸の座学をはじめ みんなで風船を膨らませて肋骨の

Opmerkingen


bottom of page